任意整理というのは普通は負債の整理というように言われていてそれぞれの債権を有する者へ返済を続けることを選ぶ借金整理の方法のことです。具体的な流れですが司法書士の資格を持つものまたは弁護士事務所債権を持つものと債務者の仲介役として法律に照らしながら利息の適用し直しを行ってもう一度計算した借りているお金の元金についての利子を下げる方法によって36か月程度の時間で返済を行っていく借金の整理の順序です。任意整理には警察といった国の機関が関与することはないので別の選択と比べても利用したときのデメリットとなる点が一番小さく、処理自体も債務者になにも圧力になりませんので、ここから検討するようお勧めするルートとなります。それから、お金の貸し手がサラ金業者といったような高い利子ならば利息制限法で決まっている金利に加えて返した借入金利分はその元金に充てると判断し借入元金自体を少なくしてしまうことだってできます。つまり、サラ金といったような高い利息のところへ長期間返してきたケースでは期待以上の金利分を減らすことができる場合もあり、10年近く返してきた例では負債そのものが消化されてしまうこともないとは言えません。借金の整理のポイントですが、破産と異なり一部分のお金だけを処理することが可能ですので、他に保証人が関連する借入金を別として処理する場合やマンションのローンを除いて整理していく際などにおいてでも活用することもできますし、全ての財産を手放してしまう義務がないため自動車や有価証券個人資産を保有していて、手放したくない状況であっても活用可能な借金整理の手続きといえるでしょう。ただ、今後の返済に必要な額と実際として可能な収入額を比較検討し常識的に見て返済の目処が立てられるようである場合はこの手順による手続きを進めることが可能ですが、破産手続きと異なり返済義務そのものがなくなってしまうということではないため、借りている総量が大きい場合などは、実際的には任意による整理の方法を取るのは困難になると判断することになるでしょう。