残念な事に現状では稀有なケースを外して切手のお店の中でカードを使う事が出来る販売店は100%に近い確率で無いのです。この理由でMasterCard、Diners clubなどのギフト券を使った間接カードのケースは大抵は実際には利用するということはできないでしょう。それじゃなにを利用すれば直接商品を買うのでないカードが出来るのでしょう?と聞かれるとその手段とは現在、ひろく普及している電子マネーという名称のEdy(エディ)、iD、QUICPay、だったりVISA Touch、nanacoなど。まだほとんど知られていないが、それらを駆使して直接でないクレジットを始める事が出来るようになるのです。Edy、Webmoney、QUICPay、またSuica、WAON、nanacoなどはクレジットカードで注文することが可能な券■PASMO、iD、またVISA Touch、nanacoなどに耳慣れない人にとってはなんとなく難しい思いを連想するのかもしれませんがそれらの電子マネーはたとえるなら金券です。VISA、American Express、Diners clubなどの金券と全然ズレはないものです。これらの電子マネーというものはカードを利用して容易に取引する事ができるのがメリットなのです。そして電子マネーはコンビニを筆頭に、改札や各種飲食店などなどであっても実用可能にもなってきている。「当販売店の物を購入するにはクレジットはご使用にはなれません」といった感じで書かれていた店舗での買い物でもPASMO、iD、QUICPay、またはnanacoなどであるなら用いれる例が数々存在するのです(キャッシングポイントが堅実に得られる)。いわばクレジットカードが活用できないショップでも間接的にクレジットを用いる手法でクレジットカードポイントだけ貯めてほしいというやり方です。普段通り買い出しをするに限られていると得られないポイントであるから絶対実行法を参考にしていただきたい。