クレジットを店において利用する際に、経験があると思うのだが、スタッフがわからないことでいったいどの紙を利用者に渡したら良いのかわかっていないことがあるかと思います。カードを使うと、マシンより使用レシートが吐き出されるためでこれらのどちらをお客様に対して渡したら良いか判断できないというケースがあるのです。複数の使用レシートの意味上述の3組綴りの利用明細の正体は何かということについてまとめると以下のようになります。1客へ渡さなければいけない使用明細。2お店の控え使用レシート。3クレジットカード会社保管用利用明細(署名する紙)。通常はあたりまえのように利用者の方に渡すべき使用明細を受け取るのだが稀に店舗控え用の利用レシートをお客様の方へ見間違えて渡すというケースの他、署名をした方のレシート自体を渡すようななんていう事故すら見られます。このパターンはパートの人やいつもクレジットカードが利用されるケースの少ないショップの会計にてカードを使用するとそのような店舗従業員の焦りを拝見することが出来ると思います。(笑)。万が一店舗従業員が違う明細を渡してきた暁には怒りを抑えて「違いますよ」などと正してあげて欲しいです。