自分の車の買取金額をできるだけ高くするのに、、中古車を売却時期タイミングなども影響してきます。自ら店頭へ自動車を使って見積もりをしてもらわなくてもネットで車専門店に中古車の売値査定調査にだせば、売却額査定額を概算を算出してくれますが、あなたの中古車を少しでもお得に手放すことを配慮すれば、少なからず気を付けるべきことがある訳です。どのようなものが挙げられるかというと、第一に走行距離があります。走行距離はクルマに対する売却価格の査定をする上で重要な基準となるものなのです。何kmくらいの走行距離で売りに出すのがよいかという話ですが、自動車の査定額に影響するラインは5万キロという話ですから、そこを超える以前に買取査定をお願いして処分するのがよいです。走行距離が30000kmと70000kmでは当然、中古車の売買金額は相違があります。また、車検が挙げられます。ご存知のとおり、車検というのは費用が必要ですので車検に出すまでの時間が残っているほど査定額は上積みされると思えるかも知れませんが、実際には車検直前でも直後でも自動車の査定にはあまり相関性がありません。これというのは実際やるとたいへんよくわかります。車検のタイミングは売却を検討するにはいいタイミングということになります。反対に売却額を上げるために、車検直後に売却額査定に出そうとするのはお金と手間がかかるだけで、たいして意味がないということです。また専門業者に車を売る好機として2月と8月が狙い目です。と言いますのも、自動車買取店の期末が3月と9月というところが多くあるからです。ですから、例えば、1月に売ろうと思ったらもうちょっと待って2月に売却額査定を専門業者にお願いして手放すのも手です。自分の都合も都合もありますから、皆が皆こうした時期を狙って買い取ってもらうなどというわけにもいかないのが実際だと思いますができるならこのような時期に売りに出すのが都合がいいかもしれません。