株式投資で一番大事なことは言うまでもなく儲けることです。しかし、自分が株式を買った後株価が反転することなく下がり、自分の購入した値段よりも安い株価の位置に安住してしまう株式もあります。 では、自分の購入した株式が下がってしまったときどのような対応をしたらようのでしょうか。ここで、多くの人は「損切り」と言って自分が株式を購入した値段よりも何パーセントか下がったら、機械的にその株を売ってしまうという方法を取ることがいいと思います。私はこの方法は、たいへん理にかなった方法だと思います。 しかし、この「損切り」は正しい方法ですが、買った株式がことごとく下がってしまったときは、「損切り」ばかりして投資資金を多く失うかも知れないのでよくないと考える人もいるかもしれません。 しかし、この「損切り」をせずに株式を保有していた場合の含み損は「損切り」した場合よりも遥かに大きくなることが多くあります。ですから、株式投資をする上で一番大切なことはまず「損切り」を覚えることだと思います。